ハブ博物公園
ハブハクブツコウエン
どんな会社?
詳細
求人情報
当社を志望されるあなたへ

30年以上前、沖縄のハブ被害を少しでも減らしたいという想いのもと、ハブの研究施設から派生して設立されたハブ博物公園。当時は世界的にも注目度が高い、各国の毒蛇研究者が集まる国際会議の場にもなったほど。当時から今も変わらず、ハブに関する展示物はどこにも劣りません。恐ろしいだけじゃない、ハブの意外な一面を知ることもできる施設です。勇気を出して、毒蛇ハブの世界へ足を踏み入れてみよう!

当社の事業について

ヘビは古くから、脱皮によって新しく生まれ変わると信じられ、世界各地で「神の使い」とされていました。脱皮を繰り返すことから「長寿」の象徴、ネズミなど害獣を食べることから「豊穣」「魔除け」の象徴などとされ、ヘビが残した抜け殻は、珍重されていました。日本各地にヘビを祀った神社があり、人間の歴史や信仰に影響を与えている生き物です。ハブ博物公園には、ハブ資料館の他にも珍しい生き物を飼育している『屋外生体展示場』や、ハブやコブラ、マングースのおもしろエンターテイメント『ハブのショー』などがあります。来園者のワクワク・ドキドキを演出し感動体験を共有、とびっきりの笑顔に出会えるチャンスがそこにあります。

当社の雰囲気(職場や人について)

毒ヘビに、爬虫類に、熱い想いを寄せている、ハブ博物公園のHabu Love Girl’s(ハブラブガールズ)。彼女達の深い愛情に包まれ、園内の生き物達は人間と仲良く暮らしているのです。ハブラブガールズと一緒なら、ハブもコブラも怖くない! たまの失敗もご愛嬌・・・こんな感じで、個性的なメンバーが多いのも当園の魅力の一つ。来園者の笑顔のために一緒に頑張りましょう!

会社詳細
会社名
ハブ博物公園
設立
事業内容
事業所
代表者
従業員数
Facebook
Twitter
Webサイト
正社員
ハブのショーやヘビとの記念撮影など公園の業務全般に携わっていただけるスタッフを大募集!今春卒業の新卒者や未経験者も大歓迎!!
勤務地 南城市
職業 観光・レジャー
募集終了 2016年12月31日
月給 140000 円
メンバー
所在地
|
|